スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のろし台

CIMG8618.jpg
ずっと昔は異変の際、この能古島から狼煙を上げて太宰府に知らせたとか。(現存するものは復元したものとのことでした。)
なんでこんなよくわからん画像を?と思われるかもしれませんが、こういう色艶が彫刻の役に立つこともあるのです。「重い堅さ」を想像させる光沢。その見本にできるな、ということで。

CIMG8616.jpg
のろし台の一部にこんな窪みが。自然にできたのかどうかはわかりませんが、内側を触るとバスの両替機の受け取り口のような感じでした(笑) 手触り良し!!!
スポンサーサイト

向こう側

CIMG8604.jpg

見通し良し!縁起良し!
と意味なく盛り上がりをみせたりして。(笑)

ここからは志賀島の町並みがよく見えました☆

ぴょんぴょん

CIMG8576.jpg
うさぴょん!

CIMG8580.jpg
うさぴょんんっっっっっ!!!

木漏れ陽

CIMG8645.jpg
木漏れ陽に見入ります。
陰影のコントラスト、風になびく木々からの天籟。

CIMG8594.jpg
芝生に落ちた桜の陰。とっても涼しげで、お茶も美味しく感じました。

CIMG8639.jpg
こういう机に落ちた陽も好きです。この光に、高校の頃を思い出すのはなぜでしょうか。




CIMG8539.jpg
能古島アイランドパークは今紫陽花が見頃。
園内はすごい数の紫陽花が咲いてました!
種類も豊富でしたが、色は薄い青〜青紫が多かったです。


CIMG8528.jpg
自分よりも高い紫陽花。圧巻です(;´Д`)うおう

CIMG8522.jpg
コスモス畑もありました!数少なくはありましたが、花も既に咲いていました!これはびっくり。
葉の緑がモフモフしててよかったです。

他にもマリーゴールドやサルビアなどもたっくさん咲いていました。
散策してて本当に楽しかったです(゚∀゚)☆

能古島へ

今日は休日。妻も気晴らしがしたいとのことで、急遽能古島へと行ってみることになりました。
そういえば能古島ってだいぶ行ってないなあ?

4〜5年ぶりか。
アイランドパークに限って言えばおそらくは20年以上行ってないのではないだろうかな??(・з・)?

船というのはアガるもので、たとえ10分程度の距離でも波風に当たれば気分は爽快!
今日みたいな天気の良い日はさらに(゚∀゚)うっひょーいw と子供のようになりました。

港や船のこういう景観ってまたさらに気分を高揚させます。
CIMG8508.jpg
写真じゃわからないかもだけど、巨大なタイヤin海。


CIMG8698.jpg
「力」を連想させるブっとい鎖。

CIMG8697.jpg
こういう付け根(?)なんてもうグッときます!

CIMG8677.jpg
威風堂々。フェリーもかっちょ良いです。


CIMG8511.jpg
フェリー内部。車が入るところ。秘密基地的なナニカに惹かれます。


さてさて、島ではどんな景色が見れるのか?ドキドキでございます( ´∀`)うほほ〜

巣立ち




今朝見に行ったら巣立ってました!(巣にまだ1羽いたけど)
まだ産毛がほわほわしてるけど、もう飛べるんですねえ....

しかしまだ自分で餌は取れないようで、親がかわるがわる餌やりをしていました。
また、人間に対しての警戒心も薄いようで、かなり近づいても逃げずに毛繕いなどしていました。
おかげでこんな撮影もできたわけですが、捕まらないようにね〜(´・ω・`)心配....

これからきっと、大きな大きな空へと飛び立つんだなあと思うと、こちらがワクワクしてしまいました。朝から良いものを見れてやる気十分(`・ω・´)今日もお仕事がんばってきます!シャキーン☆

見上げればそこには....




並ぶとまたかわいいですなあ〜
あとどのくらいで巣立つのか...
飛び立つ瞬間を見たいところですが、たぶんいつの間にかいなくなるんでしょうねえ(・з・)

無事に育つことを祈るのみです。

ざっと読んではみたけれど




知ってるようで知らなかった言葉の数々(;´Д`)
これはもうちょっと勉強せねばです...

漢字、言葉、四字熟語、敬語から物の数え方までいろいろ。

ここまでわかんない自分のバカさって衝撃的(笑)

わらびもち

warabi.jpg
ひさしぶりにわらび餅を作ります(゚∀゚)
まずはわらび粉を水で溶かします。分量は適当で(笑)
十分溶けたら弱火でじーっくりと火にかけます。

warabi-1.jpg
鍋が温まってくると、次第に固まってきます。ここからしばらく手がキツいですが、しっかりとまぜまぜしながらとろ火で加熱し続けます。

warabi-2.jpg
だんだんと透明感と粘り気が出てきました!ここまでくればもうひとがんばり。白い部分がなくなるまで手を休めず混ぜ続けます。(;´Д`)手が..あうあうあう(かなり抵抗感あるのでキツいです。)

warabi-3.jpg
だいたい半透明になったら冷たい水に浸して冷やします。この時に、ひと塊じゃなくていくつかに小分けしとくと中までしっかり冷えます。ひと塊のままだと中は熱いままなことが多いです。

warabi-4.jpg
冷やしている間にきな粉を作って、小皿にわけると完成。できたてはフワフワしたツルーンとして、すっごく美味しいです( ´∀`)やっぱできたてに限りますな〜♪





パン工房 つばさ




パン工房 つばさ
糸島市志摩岐志712−1(伊都菜彩にて購入)
価格 140円

大きさ ★★★☆☆
手作り感のある見た目です。大きさは普通。

甘さ ★★☆☆☆
ほんのり甘い感じ。クリームがすごくおいしいです!

クリーム密度 ★★★★☆
このくらいの密度がいいです。パンも味わえながらクリームの充実感、満足感があります。

クリームの固さ ★★★☆☆
かすかにザラついた舌触りものこしつつ、口に入れると滑らかさがあるクリーム。

パンの柔らかさ ★★★☆☆
パン自体は普通です。味もフワフワしっとり感もおいしい部類です。ただそれよりもクリームが突出してうまいです。


地産地消。糸島産の牛乳と小麦を使用しているとのこと。原材料も変なもの(ケミカルな何か)は入っておらず、とても自然な味のするクリームパンでした。伊都菜彩は時々買い物に行くので、またぜひ購入してみたいと思います( ´∀`)うまーい

満足感 ★★★★★★★★☆☆


ごちそうさまでした☆

※個人的感想です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。