スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父と将棋

ちょこちょこと将棋の通信対戦の結果を載せてますが、リアルで対戦してくれるのは祖父と義父のみ。他に周りに将棋を指せる人がいないのです(´・ω・`)うーん

そもそも自分が将棋を覚えたのは中学生の頃。友人が指しているのを見て(゚∀゚)楽しそう☆と思い、ルールや駒の動きを教えてもらいました。その友人にはほとんど勝てませんでしたが、とても面白かった記憶があります。

その後、バスケ部に所属していたので将棋を指す機会がほとんどなくなってしまい最近までずっと指していなかったのですが、ある日祖父宅に遊びに行ったときに祖父が将棋好きということを聞いて(´・∀・`)じゃ指そうよという流れに。結果は惨敗。むしろ全敗(笑)

このあまりに酷い負けっぷりに火が付いて、それからというもの本やサイトを探しては勉強をしていました。気づけばどっぷりとハマっていました。


最近でも悪手、うっかり、凡手、読み違いがまだまだ多いですが、祖父と指しても勝ったり負けたりでいい勝負。二人で楽しく指しています。

もっと周りに指せる人がいるといいんですけどね(・з・)
しばらくはネットで練習→祖父と勝負かなあ...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。